『落ち着く』

落ち着く

世界初の中判ミラーレス、ハッセルブラッドが発表!

ハッセルブラッド、中判ミラーレスカメラ「X1D」を発表 5,000万画素CMOSセンサー 新マウントレンズ2本も用意

⇒ スペックをざっくりと
・50MP CMOSセンサー
・寸法:150 x 98 x 71 mm (幅 X 高 X 奥行)
・重量:725g
・レンズシャッター採用
・シャッタースピード:1/2000秒~60分
・ISO感度:100~25600
・2.36MP XGA電子ビューファインダー
・ホットシューはニコンのスピードライト互換
・タッチディスプレイ
・参考価格:7900ユーロ

 

ハッセルブラッド「X1D」、以前から噂を聞いていたが、こ、これは凄いなぁ。

めちゃめちゃ小さいし、めちゃめちゃ軽い。フルサイズ一眼レフよりコンパクトな中判カメラって、素敵すぎ。価格もハッセルにして100万円程度って、、、これ日本のメーカーが出せば十分実用価格になるんじゃないだろうか。

しかしおそらくレンズはフジノン(※6/24更新しました)、センサーはソニー製、スピードライトはニコン互換。
・・・・なのになんで海外メーカーのハッセルからこんな革新的なカメラがリリースされてしまうのか、ちょっと疑問だなぁ。

ひとこと言いたいのは

 

「日本のカメラメーカーなにやってんのよ??」

 

だな、こりゃ。

もはやミラーレスカメラは小さなセンサーとミラーボックスの無いお手軽カメラじゃない。ソニーとライカがフルサイズ、ハッセルが中判でミラーレスを出してきた以上、もはや賽は投げられました。

 

ということで・・
フジフイルムさん、早く噂の中判ミラーレス発表してくださいな//

 

 

2016-06-23 | Posted in Camera, Diary, NekoNo Comments » 

関連記事