『夕闇の極楽門』

夕闇の極楽門

新型が出たのにたいして値が下がらないDSC-RX100M3、たまりかねてポチっとしてしまう。DSC-RX1は最高の持ち歩きカメラだが、ポケットには入らないしツーリングのお供としては少々デカイ・・とか何とか買う理由をつけてポチっと(笑)

ポケットに入るサイズで最高のカメラはGRで間違いない、と思っているのだが、以前持っていた経緯もありズームも欲しいので、今回は1インチセンサーの多機能なカメラで比較検討。となると、筆頭はCANONのG7XとSONYのDSC-RX100シリーズだ。G7XとDSC-RX100M3、この2機種は比較検討している人も多そうなので、基本スペックを表にして比較してみた。(動画性能は除外)

 CANON PowerShot G7XSONY DSC-RX100M3
実売価格
有効画素2020万画素2010万画素
センサー1型裏面照射型CMOS1型裏面照射型CMOS
焦点距離(換算)24mm~100mm24mm~70mm
開放F値F1.8~F2.8F1.8~F2.8
シャッタースピード1~1/2000 秒1~1/2000 秒
ISO感度125~12800(通常)125~12800(通常)
最短撮影距離(W/T)5cm/40cm5cm/30cm
連写/秒6.5コマ10コマ
手ブレ補正
ファインダー×
チルト液晶上:180度上:180度 下:45度
NDフィルター
タッチパネル×
Wi-Fi
起動時間(秒)1.31.6
サイズ(mm)103x60.4x40.4101.6x58.1x41
総重量(g)304290

センサーサイズと画素数は同じ、公式で明かされては無いけどG7XのセンサーはSONY製のようで、DSC-RX100M3と同じようだ。画質はズームの範囲が狭い分DSC-RX100M3が有利な気もするが、サンプルを比較した限り大差はないと思う。少なくとも一眼のサブ機、コンデジとしてはどちらも十分すぎる画質だ。となると大きな違いは【実売価格差(1万5千円程度)】【焦点距離】【ファインダーの有無】この3点。

特にファインダーが必要なければ、価格が安く焦点距離も長いG7Xで決まり・・・となる。店頭で触った感触もG7Xのほうが質感がしっかりしてて、ダイヤル類のクリック感もきっちりしている具合が好印象だった。

ただし、カメラ好きを唸らせるのは確実にDSC-RX100M3の方だ。このサイズでファインダー搭載はもちろん、シャッタースピード1/2000を補うために内蔵NDフィルターが搭載されていたり、ポップアップするフラッシュは可変式でバウンスできたりする。液晶チルトは人ごみで使えるハイアングルに対応、旅先で助かるUSB給電など、シリーズ化にともない細かいブラッシュアップがしてある。それにレンズはツァイス銘だ。

うーん・・気がつけばカメラに関してはSONY信者っぽくなってきてしまったぜい。

ソニーストア

2015-08-25 | Posted in Camera, Diary, NekoNo Comments » 

関連記事